plustic2020
西沢立衛講演会
開催日時
Date of the event
2020/11/19(thu)14:00~16:00
オンライン開催|参加無料|定員1000人
Held Online | Free | Capacity 1000 people
予約/Reservation

以下のフォームに回答してください。

Please fill out the following form below.

※マークは必須項目です。
建築家/Architect
西沢立衛
Nishzawa Ryue

1988 年横浜国立大学工学部建築学科卒業。

1990 年横浜国立大学大学院工学研究科計画建設学専攻修士課程修了。

1995 年に妹島和世と共に ( 有 )SANAA を設立。

1997 年に ( 有 ) 西沢立衛建築設計事務所を設立。

現在、日本建築学会賞作品部門審査員、横浜国立大学大学院 Y-GSA 教授。

■受賞 村野藤吾賞、日本建築学会賞作品賞「豊島美術館」(2012)、プリツカー賞 (2010)、日本建築学会賞作品賞「金沢 21 世紀美術館」(2006)、第 46 回毎日芸術賞「金沢 21 世紀美術館」(2005) ほか

■主な作品「十和田市現代美術館」「House A」「軽井沢千住博美術館」ほか

■著書「美術館をめぐる対話」「トウキョウ・メタボライジング」ほか

plustic講演会
過去講演者
Plustic について

■概要

愛知県を中心とし、近隣の建築学生の学生をはじめ建築関係の会社、建築家が日本や世界に触れ、様々なジャンルの発見や勉強のきっかけとなるレクチャーやワークショップなど併用した企画を開催する。以下を目的とする。

1. 大学内だけで留まることなく、外部への視野を広げるきっかけを担う。

2. 建築という分野で様々な講演を聴講することで、今後の学生に多様性のある建築のあり方を思索させる。

3. Plustic は他大学や社会との結節点として東海地方での交流やインスタレーションなどさらなるプロジェクトを生み出し、やがて世界へ発信する拠点としていく。

4. 学生主体で企画を接続していくことで、社会進出への基礎を学びながら、東海地方全体での学生の意欲を向上させる。

■企画内容

愛知工業大学、名古屋工業大学、愛知産業大学、大同大学、名古屋造形大学で執り行う当企画は今年で6回目となる。建築学生はこれから建築業界に関わる一員として、現在活動されている建築家の声に積極的に耳を傾けるとともに、社会の流れと建築の関係について考え、能動的に語り合っていくべきである。